スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハルトスキル使用感

SCREEN_CAPTURE 2015-08-30 18-41-51-751

空中コンボが得意。しかし、その特徴を存分に活かして戦うとPTでは邪険扱いされる。それがハルト君。(ハルトに限らず、敵を浮かせ過ぎるとどのキャラでも文句を言われますが)


パッシブスキルである「爆発」は一部のスキルが固定ダメージ(※)になるという強力な能力をもっており、防御が堅い敵に対して非常に強いです。イミテの黒い玉もこれの効果で一撃で破壊出来ます。
それらのスキルを中心にスキルポイントを振っていくと良いでしょう。
(該当するスキルは発砲、逆撫、空鎖、零撃、活砕、爆霊剣、流星剣、爆霊剣-全焼。通常攻撃の最後の爆発も該当。)
固定ダメージであるため、防御貫通を積む必要が無く、その分を他のステータスに回せるのも彼の強みだと思います。(固定ダメージを持たないスキルの威力を上げる為に防御貫通を積むのもアリです。)

※・・・敵の防御力やダウン時のダメージ減少を無視したダメージを与えれます。

他にも集敵スキルの円震、クリ発生とクリダメ、攻撃速度と射程を伸ばせる蒼陣など、扱いやすくて優秀なスキルが多く、位相解放状態を維持しやすいキャラなので大きなダメージを連続で叩き込む事も出来るでしょう。
ただ、そういう特徴があるため、スキル倍率自体は低めなのでそれらのスキルを習得するまでは育成に苦労するキャラでもあるのが難点。



現在のスキル振りはこんな感じ。コンボ重視なので大抵のスキルは10にして強制発動をつけています。蒼陣は改良型俊敏。
HAskill.jpg

パッシブは物理集中、空中殺法、確率操作をMにし、余ったポイントを物理修練に振っています。

では各スキルについて書いていこうと思います。
【訓練生スキル】

[発砲]
剣撃→爆発させながらの斬り上げ→追加入力で追撃を行うスキル。空中だと最初の剣撃を省く。
最初期スキルにして固定ダメージを持つスキル。初期スキルとは思えない威力を持ち、クールタイムも短い。序盤からカンスト後もお世話になるスキルです。スキルレベルMAXど安定ですね。
固定ダメージが付くのは二撃目以降の爆発攻撃を行う部分です。空中では2撃とも固定ダメージです。
追撃は敵を下に叩き落とす効果もあるので浮いた敵もこれで下ろす事ができます。
追撃は敵の位置によっては思わぬ方向まで飛んで行くこともあります。

[双転]
2連撃を加えて敵を中に浮かし、追加入力で自身も飛んで切り上げるスキル。
空中コンボの起点として便利であり、ここから大体のスキルに繋げることが出来ます。
敵を大きく浮かすのでPT時では浮かない敵を選んで使用するといいでしょう。

空中で発動すると地面に向かって縦回転斬りをし、追撃で自身も飛びつつ斬り上げます。
空中にいる敵は縦回転斬りで下に落とせるのでPTでは浮いた敵に対して空中発動し、追撃を行わないといった使い方が良いでしょう。

[穿進]
前方に突進し、敵の背後に回りつつ追加入力で爆発攻撃を浴びせる。
結構な距離を移動するため、無敵は付きませんが緊急回避スキルとしての使い道もあります。この使い方をしやすくするのにスキルレベル10まであげて強制発動を付けるのも1つの手でしょう。

突進はヒットしたあたりで止まるので追加攻撃が外れることは余り無いですが、逆に言えば敵にあたらなければ追加攻撃も当たらないので注意。
最後の爆発攻撃で敵が少しだけ浮く上にスキルの硬直も殆ど無いのでここから空鎖や爆霊剣、零撃など、色々なスキルに繋げることが出来ます。

[逆撫]
剣を構え、敵に強力な一撃を放つスキル。
スキルキーを押し続けることによって構えながらチャージし、最大チャージで放つと威力が増加します。
構えてる間は被ダメージ80%軽減の効果がつくので緊急時はこれで凌ぐことも出来ます。
最大チャージはSAクラッシュ効果も少しあります。

最大チャージまで少し時間がかかるのと、そのわりにダメージも大きくなかったりと固定ダメージ持ちとはいえ、攻撃スキルとしては扱い辛さが目立ちます。防御用に1だけ振るのも手です。

敵を大きくふっ飛ばすので集まった敵を散らかさないように使用タイミングには気をつけましょう。

[決戦技-爆霊剣]
連続で敵を斬りつけたあと、強力な爆発攻撃をお見舞いするスキル。空中発動だと最初の連撃を省略して爆発攻撃のみを行う。
発動中は常に被ダメージ80%軽減効果を持ち、一撃一撃がLv2のSAクラッシュ効果を持つので強気で発動していけるスキル。
固定ダメージが付くのは後半の爆発攻撃部分です。
空中発動だと砲撃のみの攻撃となるので全ての攻撃が固定ダメージになりますが、最初の乱舞が無い分のダメージは落ちます。
ただし、こちらは攻撃時間が短いので瞬間的なダメージを求めるなら空中発動がいいでしょう。勿論、空中でもダメ軽減やSAクラッシュは付きます。
敵を結構浮かすので円震や空中双転などで敵を下に落とすなどのアフターケアをお忘れなく。


【見習いエージェントスキル】

[攻破]
前方に砲撃を放つスキル。追加入力でもう一発放ちます。
射程はそこそこあり、敵を自身に引き寄せるのでコンボの始動や中継にも便利なスキルです。HITした敵は一定時間DOTダメージを受けます。
スキル倍率が位相攻撃依存なので位相型でもない限りはダメージには期待出来ません。あくまで敵をこちらに寄せるスキルとして使いましょう。

[円振]
周囲の敵を攻撃した後、追加入力で敵をこちらに引き寄せるスキル。
優秀な集敵スキル。最初の一撃で少し浮かすものの、追加入力で敵を一気に自分のところに集めるので問題はありません。
空中に浮いた敵も引き寄せる事ができます。敵が湧いた時や、自分、あるいは味方が敵を浮かした時にこのスキルを使いましょう。
空中で発動すると急降下し、同じように敵を集めます。
PTプレイではこのスキルを憶えてハルトは初めて人権を得られます。

[蒼陣]
剣に位相力を集中させ、剣を伸ばすスキル。追加入力でその場で回転斬り。
いわゆる自己バフスキル。キーを押し続けることで3段階で剣が伸びていき、クリ発生、クリダメ、攻撃速度上昇のバフを得られます。1段階でクリ発生とクリダメ、2段階で攻撃速度上昇効果が追加。3段階目で剣が最大まで伸びます。
攻撃射程が大きく伸びるので敵にまとめて攻撃を当てることもできます。
更に、MA解放でPPゲージもチャージするので位相解放を行いやすくなり、上手く行けば位相解放が切れる前にまたゲージが満タンになるので位相解放を維持し続けることも出来ます。
空中で使うとその場で滞空しながらチャージするので床全体攻撃の回避も楽になります。

自己バフ効果はスキルレベルが高いほど上がっていくので是非ポイントを振っていきましょう。
(蒼陣Lv1 物理クリティカルヒット率5% 物理クリティカルダメージ10% 攻撃速度1%)
(LV1毎に)物理クリティカルヒット率0.5% 物理クリティカルダメージ2% 攻撃速度0.25% 増加)


[決戦技-流星剣]
その場で飛び上がり、敵めがけて強力な突進を放つスキル。追加入力で飛びつつ、斬り上げる。
FFに出てくる初代ガンブレード使いのラフティバイト(DFF版)のようなスキル。
固定ダメージが入るのは突進部分。
空中発動だと最初の飛び上がりを省略して放つ。あんまり高い位置から放つと敵を通りすぎてしまうので高さ調節に注意しましょう。
突進の威力が非常に大きいのですが、その後の斬り上げのダメージはあまり高くなく、敵を思いっ切り浮かすのでPTプレイ時には追加入力を行わないのも1つの手です。勿論浮きやすい敵に対してですが。

空中に飛んだ後も他のスキルに繋げることが可能です。
余談ですが、Gタワーの臨時偵察路などの高いところから降りる時にこのスキルを使うを地面まで一気に飛んで行くのでちょっと楽しい。


【正式エージェントスキル】

[空鎖]
敵を斬り上げ、回転攻撃で敵を追撃し、追加入力で叩きつけるスキル。
固定ダメージが入るのは追加入力の叩きつけ部分で、モーションは発砲の追加入力と似ています。場合によっては思わぬ方向まで追撃していくところも発砲と似ていますね。
結構な高さまで敵を運んでしまいます。空中発動だともっと高くまで行っちゃいます。使用する敵に気をつけましょう。

[零撃]
突進して敵を掴み、爆発を起こすスキル。追加入力でもう一発爆発を起こす。
空中発動だと斜め下に突進します。
爆発部分が固定ダメージとなっていて非常に威力が高いです。掴んでいる間は無敵状態になるので狙うのは少々難しいですが緊急回避としても使えます。
突進する距離は決まっており、敵にあたってもそこで止まることはありません。その為、敵を運んで味方のスキルを外してしまう事があるので気をつけましょう。
方向キーで掴んだ敵をどちらに向けるかを決めることが出来るので味方の攻撃が当てやすい方向や、掴みきれなかった敵が居る方向に入力しておくと良いでしょう。
掴みはSAを強制的に潰せる事があるので敵の攻撃をキャンセルさせることも出来ます。

掴み失敗時は攻破のような砲撃を放ちます。敵を引き寄せる効果もあります。
この時の砲撃も固定ダメージになっています。
掴み失敗時の方が瞬間的な火力はありますが、無敵が付かない点に注意。ちなみに突進が当たっていなくても砲撃するのでわざと突進を外して砲撃のHITを狙うといった使い方もあります。
砲撃する方向も方向キーで決めることが出来ます。

これも流星剣と同じく、高いところで放つと下まで一気に急降下していくので臨時偵察路の最初の降りるところで使うとちょっと楽しい。

[活砕]
地面に剣を突き立て、衝撃波を発生させるスキル。スキルキー押しっぱなしで最大5回追加で衝撃波を起こします。
最初と追加の衝撃波全てが固定ダメージとなっています。

決戦技並の瞬間火力を持ち、固定ダメージ持ちで範囲も広めで集敵効果もあったりと、非常に強力なスキル。
ちなみに威力が高いのは最初の衝撃波のみ。
空中で発動するとその場から一気に地面に降りて衝撃波を出します。
発動したところに一定時間ダメージフィールドが発生しますが、こちらは位相攻撃依存で固定ダメージでもないのであくまでもオマケダメージとして考えておくと良いでしょう。(あと少し削り損ねたHPを減らして敵を倒してくれる事もあるので全く役に立たないわけでもない。)
MA解放でこのスキルでスキルチェーンを開始すると確定でクリティカルが出るという強力な効果を得られますが、58キャップ現在だと最大レベルが8なので、チューニングで2レベル上げる必要があったりとちょっと大変です。

[決戦技-爆霊剣ー全焼]
敵に強力な連続攻撃を加え、剣を叩きつけて爆発を起こすスキル。追加入力でもう一度叩きつける。
これが俺の・・・全力だあぁぁぁっ!!
全ての攻撃に青い炎を纏っていますが、固定ダメージは最後と追加の叩きつけ爆発部分のみ。
スキル説明文には書いてありませんが、発動中は一応ダメージ軽減効果もついてます。(どの程度かは分からないけど多分80%くらい?)
発動中は方向キーで向きを変えれます。
空中発動でもモーションは変わりませんが、初撃が少し外しやすいので注意。

叩きつけで活砕と同じようにダメージフィールが発生しますが、こちらのほうがダメージは高いです。
最後の叩きつけの後に追加入力を逆方向に向けるとかなり広い範囲のフィールドを作り出せますが、あんまり意味は無いです。
リザルト直前に使って燃え盛る大地の上に立つという演出を作れます。

MA解放で使用後に剣に一定時間炎を纏わせて攻撃した敵に追加位相ダメージを与える効果が付きますが、効果時間は結構短いです。



・スキルキューブについて
得意な空中コンボに特化させるなら強制発動をつけると良いのですが、位相解放を維持しやすい事を考えると力の流れも選択肢に入ってくると思います。
この2つの効果が一緒になっている強制発動/力の流れを揃えれるならそれが理想なのですが、それはちょっと大変なので基本好みの方で問題はないかと思います。
蒼陣は俊敏を付けてクールタイムも積むと効果が切れる前にクールが貯まるので常時かけ続けることも可能になります。

MA解放でスキルチェーン3回以上で威力が増加する爆霊剣にはラピッド効果のあるものが相性が良いと思います。闇市に売ってるかもしれないので見てみると良いでしょう。

スキルキューブも種類があっていろんな選択肢がありますが、自分は取り敢えず上に書いたような感じにしています。



ソロとPTで戦い方が変わってくるハルトですが、要はソロなら好きな様に思いっ切り、PTなら敵を集めつつ散らかさないような立ち回りを意識していけばいいと思います。
使ってて本当に楽しいキャラなので興味がある方は是非、育成してみてください。

ここに書いた内容について意見や修正点があればコメントしていただけるとありがたいです。
スポンサーサイト

コメント

零激は便利ですよねー。失敗時も威力出るし、掴んでぶっ飛ばした後追って蒼陣だったり空鎖に繋げれたり。良ければフレなりませんかー?。蒼陣の後に決戦出すのも楽しいですー。

>セハさん

本当にいいスキルですよねー
あれで敵の技をキャンセルしてイケメンプレイする快楽と来たらもう・・・

ぜひフレなりましょうー
Lyraphina、もしくはGraceにリクエスト送って頂ければINした時に承認します!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Twitter

プロフィール

Grace

Author:Grace
Overwatch
LYRAPHINA (Lyraphina#1865)

CLOSERS
CLOSERネーム:Lyraphina
ハルト:Grace Lv77
ミコト:Lyraphina Lv70
ティナ:LucentArts


Dragon Nest
バルナック
ven Lv93 Moon Load
LucentArts Lv80 Sting Breezer
Lyraphina Lv93 Gladiator

Warframe
Grace Lank10:SEEKER
Favorite Warframe:NOVA




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。