FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【8/6更新】ムーンロードスキルを自分なりの解釈で解説してみる【ソードマスター物理列、他スキル】

関連:ムーンロードスキルを自分なりの解釈で解説してみる【前書き~ウォーリアスキル】
    ムーンロードスキルを自分なりの解釈で解説してみる【パリィング列、ソードマスター魔法列、ムーンロードスキル

【追記】
7/23日のアップデートでスキルレベルの最大値が70キャップ時のもので固定されました。
●ソードマスタースキル物理列
動きやすくするためにもある程度の物理スキルはとっておくと便利。
回避スキル要員でディープまで取るか、移動用も欲しいからラインドライブも取るか。好みでスキル構成を組んでみよう。
無敵用にインフィニティエッジを取る選択肢も面白そうではあるが、使ってしまうとグランドナパームもクールタイムに入ってしまうのでただのロマンスキルで終わってしまうだろう。


【トライエッジ】
前進しながらソードを振り回し、敵を斬るスキル。左クリックを追加入力することで最大3回まで剣を振る。
ムーンロードにもディープストレートがあると便利なため、それを習得する過程で取ることになるスキル。
物理攻撃力が低いムーンロードにとっては火力面では頼りないが扱いやすく、高いスーパーアーマー破壊とシールド破壊能力、オブジェクト破壊能力を持っている。

追加入力の受付時間はそこまで短くないので入力を遅らせれば慣性でそれなりに動き、ステップ感覚で使えば敵の攻撃を避けつつ、攻撃するといった使い方も出来る。(ただし、無敵状態にはならない点に注意)
ノックバック能力も高く味方の救出にも使えるが、敵の集団に先行して散らかすといった使い方は厳禁。
監獄などで捕まってる味方に使えば一瞬で救出出来る。

ちなみに好きなタイミングでロリキャン出来る。

オブジェクトを運ぶ時に結構押し出してくれる。


【ディープストレート】
後方にバックステップをした後、剣を敵に突き刺すスキル。左クリック追加入力で突きの後になぎ払いを行う。
バックステップ中は無敵状態となり、回避スキルとして使える。火力面に関しては(ry

好きなタイミングでロリキャン可能。バックステップ時にキャンセルすれば無敵時間が更に伸びる。
中距離から放つことで最大火力を発揮できる魔列スキルを使う際にバックステップからのロリキャンで適度な間合いを取る事が可能。結構便利なので憶えておくといいが、回避を一度に2つ使ってしまう点に注意。

最速入力すると突きの部分が2HITしかしないため、出来れば3HITしたのを確認してからなぎ払いを行いたい。3HITまでだせればそれなりに強いスーパーアーマー破壊のシールド破壊能力を発揮してくれる。


【スラッシュスタンス】
6秒間抜刀姿勢をとる自己バフを掛けるスキル。抜刀姿勢中は左クリックで武器を素早く振り回し、前進キーでステップを行う。
ラインドライブまで欲しいという人がその過程で取ることになるスキル。
左クリックを押しっぱなしにすることで姿勢が維持される間は常に高速で武器を振り回し続ける。盾を持ってる敵に使うとヒットストップが発生し、HIT数が減ってしまう。敵をよろけさせるか、宙に浮かせた後に当てればHIT数は上がる。
スピリットブースト等の速度上昇バフを貰えれば振り回す速度が更に早くなり、最終的なHIT数も上がるため、火力アップに繋がる。

ステップはダウン中の敵に対して当たり判定があり、ダウンしてる敵を拾うことが可能だが、結構当てづらい。
ステップには一瞬だけ無敵判定があるので回避にも使える。

ムーンロードにはこのスキルにポイントを振る余裕もなく、当然火力は出せない。回避スキルとして使う場合は必要が無くなったタイミングでサイドキックをすると姿勢を解除出来る。


【ラインドライブ】
少し溜めたあと、前方に高速移動しつつ敵を斬り飛ばすスキル。移動距離は10m程。
ムーンロードで火力を出せるスキルでは無いが
・高速移動による敵の攻撃の回避。ギミック安置への移動。味方の救出。
・突進時の無敵判定を利用した壁抜け。
・ヒットストップの発生による敵の行動の遅延。
など、火力面以外でも使用用途は幅広い。ただし、ヒットストップの発生は大型にしか起きない模様(まだ検証不足)。
結構移動するため、思わぬ場所へ行ってしまう危険性もあり、さっき言ったヒットストップも使い方を間違えれば味方を危険に晒すことにもなりかねない(ストンプ等のタイミングが重要な回避の妨害)。ご利用は計画的に。

ラインドライブによる壁抜けはこんな感じで。


余談だが、ラインドライブでスタートダッシュした後にダッシュすれば最初から走るよりは移動にかかる時間を若干短縮出来る。
それと、ラインドライブを切ったスキル構成を考える場合は出番が殆ど訪れないであろう、スラッシュスタンスも一緒に切ることをお勧めする。

【インフィニティーエッジ】
ウォーリア、ソードマスタースキルを高速乱れ打ちするスキル。
各職が持つ体裁上は最も強力なスキルである40スキルの一つ。
左クリックを追加で入力していくことでどんどん追加攻撃を出していく。発動中は常に無敵状態で、一発一発の追加入力
をぎりぎりまで遅らせればかなり長い時間無敵状態になれる。最後のラインドライブで包囲された状態からの脱出も可能。

現在の仕様で各職2つ持っている40スキルのどちらかを取ればもう一方を前提スキルを取ること無く習得する事ができる。長時間無敵が欲しいという人は魔法列をとった後にこのスキルを取ってみるのも一興かもしれない。自分のスキル構成と残りポイントと相談して習得するかどうかを決めると良い。

好きなタイミングでロリキャン可能。


【ダッシュインパクト】
ダッシュ中に左クリックを押すことで剣を大きく振りかぶり、敵を攻撃するスキル。
スーパーアーマー破壊とシールド破壊能力及び、オブジェクト破壊能力が高い。敵をノックバックさせる事も出来るが、先行して敵の集団にそれをやると散らかるだけなので扱いには注意。

クールタイムが5秒と短く、扱いやすいのでダッシュキックよりも出番は多くなるだろう。


【ダッシュスラッシュコンボ】
ダッシュインパクト、もしくはローリングの後に左クリックを入力することで発動できるスキル。
ローリングで敵の攻撃を回避した後のカウンターとして使える。

ダッシュインパクトと一緒に使うことで破壊能力が向上するだろう


●その他
ハンマーリッジに振るポイントに注意したい。
自身の攻撃、味方の攻撃の補助となるスキルも多いのでこれらを上手く使うタイミングを見つけよう。
ハンマーリッジはクールタイム毎に使うことを心がけよう。


【イクリプス】
回転斬りをしつつ、敵を引き寄せるスキル。
発生が非常に速く、敵を引き寄せる効果によって敵の殲滅が楽になる。
全2HIT。1HIT目が物理攻撃、2HIT目が魔法攻撃となる。

スキル自体が扱いやすく、魔法攻撃判定もあるのでマジックブーストの始動には持ってこい。


【エリアルコンボ】
空中通常攻撃の後に左クリックを追加入力していくことで空中で最大三回斬りつけるスキル。
3段目で敵を斬りつけつつ、急降下していく。降下して着地した時点から体制を戻すまでの間は無敵状態になれる。回避スキルとして使うなら着地してからはすぐに別の行動を行わないようにしよう。

空中から発動するスキルなのでエリアルスラッシュの2回めの斬り上げの後、アッパーキックの後、エリアルイベイジョンの後、ムーンブレードダンスの後からでも発動出来る。
ムーンブレードダンスの後に使うとかなりの滞空時間を得られるのでゴーレムの3連ストンプ等の回避が非常に容易になる。(3連ストンプのモーションを見てからジャンプ→ムーンブレードダンス→エリアルコンボとつなげるとストンプを全て回避出来る。)
入力時間を遅らせると若干ではあるけど滞空時間を更に伸ばせるが、地面から低い位置でそれをやるとスキルを出しきれずに着地してしまう点に注意。


【ブレイブ】
オーラを放ち、オーラに当たった敵にスーパーアーマー攻撃力減少のデバフをかけつつ、自身の攻撃力を上げるスキル。
初期レベルで攻撃力25%上昇。持続7秒。敵スーパーアーマー攻撃力5%減少。持続17秒。
現状最大レベルの9で攻撃力30%上昇。持続15秒。敵スーパーアーマー攻撃力50%減少。持続19秒となる。ちなみに攻撃力が30%になるのはレベル6からである。
効果時間が伸びるのでM振り推奨。

スーパーアーマー攻撃力減少というのは、敵の攻撃がこちらのスーパーアーマーを破壊する能力が低くなることを言う。ボス戦等、敵が一人だった場合はオーラを当てればPTメンバー全員のスーパーアーマーが強化されたと思ってもらえればいい。自身の攻撃力を上げるのがメインの効果だが、せっかくなのでなるべく敵に当てるように心がけよう。

オーラは派手だが、PTバフでは無く、自己バフである。
オーラの攻撃は魔法攻撃判定であり、尚且つ大体M振りにしてると思われるのでこのスキル自体の威力も悪くない。マジックブーストのトリガーとしても便利。

ハンマーリッジとサイクロンのデバフが入った状態でブレイブを掛けた時の攻撃力がムーンロードの最大火力なのでこの3つのスキルはなるべくならあわせて行きたい所だが、クールタイムが35秒と長く、3つ揃うタイミングはそこまで多くは来ない。
クール毎に使うのも良いが、PTプレイの時はブッパタイミングの時にだけ使うという手も。
ちなみに攻撃力上昇値に制限の掛かったイエロードラゴン及びブラックドラゴンネストではこのスキルが無くともステータスカンストしてしまうため、ただのデバフスキルとなる。クール毎に入れてあげよう。

ちなみにバフ消し攻撃を受けてもブレイブの効果は消滅せず、維持される。

【ハンマーリッジ】
敵を斬りつけた後に突きを放ち、敵の防具を破壊しつつこちらに引き寄せるスキル。
防具を破壊するとあるが、別に敵を素っ裸にするわけではない。

敵にHITさせると物理、魔法攻撃によるダメージが初期で15%。レベル8から50%アップする。3HITするが、1HIT目からでもこの効果は発動する。3HITまできっちり当てればほんの僅かであるが、効果時間が伸びるのでなるべく3HIT当てるようにしよう。
持続時間は最後にHITした時点から15秒。
ちなみに1HIT目から被害増加が付くのでその後の2,3HIT目の威力は表記より高くなる。

PTメンバーがソードマスターに最も求めているスキルで、自身だけでなく、PTメンバー全員の火力アップに繋がる重要なスキルである。クールごとに必ず命中させよう。

現在の最大レベルは9だが、M振りは非推奨。理由としてはこのスキルのメインの効果である被害増加がレベル8で50%なのだが、それ以降はスキルレベルを上げても増えないからである。スキルポイントの無駄にしかならないので注意しよう。ただ、8まで振るのは必須と言っていい。

好きなタイミングでロリキャン可能。出来れば3HITさせたいが、やむを得ない場合は1HITだけさせて回避に徹しよう。


【グライムエグザイル】
EXILE空中に飛ばされた時に左クリックを押すことで体制を立て直しつつ、斬撃をはなつスキル。
エリアルイベイジョンと似たような感じだが、こちらは攻撃スキルにもなる。

使い方もエリアルイベイジョンとほぼ同じだが、せっかく攻撃出来るので使う機会が訪れた時はなるべく斬撃を当てれるようにしよう。
ただ、慣れないうちは当てるのが少し難しい。ワンバウンドした後に放つと当てやすくなるだろうが、自身の危険回避を最優先に使おう。

こちらはクールタイムが長いので受け身を回す際はイベイジョンを先に。その次にこのスキルで受け身を取るようにすれば2つのスキルを回しやすい。


次回;ムーンロードスキルを自分なりの解釈で解説してみる【パリィング列、ソードマスター魔法列、ムーンロードスキル】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

Twitter

プロフィール

Grace

Author:Grace
Overwatch
LYRAPHINA (Lyraphina#1865)

CLOSERS
CLOSERネーム:Lyraphina
ハルト:Grace Lv77
ミコト:Lyraphina Lv70
ティナ:LucentArts


Dragon Nest
バルナック
ven Lv93 Moon Load
LucentArts Lv80 Sting Breezer
Lyraphina Lv93 Gladiator

Warframe
Grace Lank10:SEEKER
Favorite Warframe:NOVA




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。